s m t w t f s
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

recently

categories

  • archives
  • comments

    links

    profile

  • others


  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    ↑地味にランキング参加中↑
    良ければクリックお願いします.


    スポンサーサイト

    - - -

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    FAMOUS MICROPHONE

    久々に音楽の話。最近CDを2枚買った。じゃーん!無駄に加工!w
    まずFoZZtoneのOMA2。届いた!ワッショーイ!
    休日に届いた&思ったより早く届いたのでビックリ。
    前回ちょっとトラブル(届かなかった)があったからかな…?

    まず見た目。
    前回の紙ジャケの感じとかがかなり好きだったから、
    透明ケースにポーンとディスクだけ入れられた感じにビビったww
    何パターンかあるジャケットをカスタム出来る仕様だから、仕方ないのかもしれないけど。
    裏ジャケット用のカスタム用紙もあるんだけど、CD入れるとこが
    なかなか開かず悪戦苦闘!ちょっとヒビ入ったし(´・ω・`)
    CDケースをよく扱う自分としても割と固めだとなので要注意…。
    開け方わからなくてググったからねww

    ちゃんとジャケット入れればCDぽくなりまんた。へへ。
    ステッカーとかもついててオトクよね。
    こういうCDに付属のステッカーって使えずにいる人間だけどねw

    まあ肝心なのは中身だから!まだじっくり聴けてないけど、良い感じっぽい。
    前回のは個人的にかなり満足な出来だったけど今回は曲順が上手くいってるかドキドキ。
    たくさん聴くぞ〜



    次は鬼束さん。洋楽カバーね。ジャケットの唇はとっても良いと思うます(どせいさん風)。
    しかしカバーで3000円は若干高いと思うな。2800円くらいにして!

    そして問題の中身。
    なんとなく、修正しましたっていうのがわかる。エフェクトに頼ってたり。
    歌によって声がかすれた、というか潰れた感じなのはわざとなのかな?
    あんまり似合ってないと思う(´・ω・`)

    洋楽カバーが実現したのは嬉しいけど、
    鬼束さんの魅力が半減した感があるのはなんでだ?ww 選曲か…?
    Smells〜がないのが悔やまれる。Foolish gamesも聴きたかったなあ。

    今度TV出るみたいなので、色んな意味で要チェックだww



    なんか、これといって特筆してない薄っぺらい内容なのでw、
    私が登録してるネイルチュートリアルの人の動画を無駄に貼ってみる。

    まずは多分有名どころ。最近ディズニーとコラボする事になったみたい。良いなー。
    新聞紙を使ったアートはアイディアもんだと思った。

    他にもケロッピとかキティーちゃんとか、ニャンキャット?とか
    日本のキャラがたびたび出てきて面白いw


    お次はこれ。この人のセンスは基本的になんか違うなーって感じなんだがw、
    技術は神がかってるなーと思う。ポリじゃなくて、アクリル絵の具的なやつ?を
    使ってる事が多い。この人も日本のキャラ多数。
    このボーダーはすごい。後からのアートは別としてw、ボーダーは可愛い。



    この人は上の人とコラボして知ったはず。最近別アカウントでも始めたみたい。
    配置、配色のバランスが良いのが多いと思う。このウォーターマーブルのは特に!


    ウォーターマーブルといえばこの人だな。
    もはやマーブルじゃないっていうww 常識を覆されたww



    こんな感じ。
    日本のネイルとは違うテイストだけど、海外の方々の方が
    アートを楽しんでる感があって見てて楽しい。

    月光

    さて。
    鬼束さん見に行って来た。けど、正直名古屋の方が良かったwwww
    名古屋の方が1曲多かったし。

    会場が盛り上がってたのは東京だけどね。
    お客の野次、というか声援?が多かったり、New age〜で手拍子があったり。
    でもBeautiful Fighterは客席の歌声ほとんど聞こえなかったw
    周りが歌ってなかったから私も歌えなかったしwww
    アンケート用紙の裏に歌詞まで用意してあったのに…
    「歌詞有るから歌って!」とか「もっと歌え!」とかあれば
    もっと盛り上がったのになあ。

    名古屋はNew ageこそ鬼束さんの独壇場って感じだったけど
    BFは客席の歌声も聞こえたけどなあ。座ってる場所にもよるのかな。

    でも盛り上げ慣れしてる鬼束さんも見たくないけどw
    このお客との距離感っていうのはやっぱ独特なものだと思う。


    声がますます出てなかったように思う。
    メロディーを変えたりしてるのは、声出ないからなのかな。
    それとも自分の曲なのに、歌詞はおろかメロディまで忘れてしまったのか?

    名古屋より1曲少なかったのを考えると
    声出すのがきっと辛いんだろうなと思うけど。

    声は良い声持ってるのに残念…。
    DVDはどんな編集をするの気になるっていう意味では買おうか迷うなあw
    武道館の公演がベストアクトと言われてるけど。
    そっちを買ってみた方が良いかな。でも10年くらい前だしなあ。

    今2008年のライブの月光を見つけたけどこれも十分良いと思うんだが…
    3年でこうも変わるもの?2008年のライブ見ときたかったなあ…ww



    正直言うと、少し鬼束さんへの気持ちが冷めてしまった…
    でも同じツアーを2公演見るのなんて初めてだったし、
    贅沢な良い経験にはなったと思う。

    次のアルバムが出る事を祈りながら、
    その時はもう少し声の調子が良くなってますように。

    HOTEL MURDERESS OF ARIZONA

    鬼束さんライブ行って来た!!
    時間を持て余してたので、会場前のグッズ売り場に足を運んだら
    1人なんかやる気なさそーな感じの人がいるなw、と
    思いながりしっかり目線をそちらに移すと、
    本人様いらっしゃったこれーー!!

    グッズ買って握手してもらった!
    しかも右手の握手が終わったら、
    左手も差し伸べて下さって両手とも握手してしまったよ!

    ヘーゼル色というのか、亜麻色というのか
    そんな色のカラコンがよくお似合いで。とにかく美しかったわー。

    私、緊張しすぎて声震えてたしw


    席は前から1ケタ代後半の列だったので肉眼でもバッチリ。
    で、ドキドキしながら迎えた本番。

    セットリストは某巨大掲示板を参考にしてみた。

    SWEET ROSEMARY
    青い鳥
    everyhome
    琥珀の雪
    An Fhideag Airgid
    time after time(カバー)
    the rose(カバー)
    月光

    嵐が丘
    EVER AFTER
    私とワルツを
    ストーリーテラー

    アンコール
    New Age Stranger
    Beautiful Fighter
    (12/3修正)

    15曲。Beautiful〜以外はピアノ伴奏オンリー。ほぼMCナシ。

    1番残念だったのは、歌詞を足元のモニターを見て歌ってたこと。
    2番目は、衣装のドレスの裾を持ってひらひらさせて歌うから
    たまにマイクにその雑音が入ってしまってたこと。

    1番目に関しては他のアーティストでは考えられない事だけどw
    私としては10年越しくらいの念願のライブだったので
    鬼束さんのライブを見れただけでも幸せっていう。
    よくステージに立ってくれた!っていう、なんか過保護は親みたいな気分?
    娘のおゆうぎ会を優しく見守る感じというか。。
    (1曲歌い終えるごとに、ステージにドレスの裾を持ちあげて
     おすましポーズ?お礼?してステージに見せてくれるところがおゆうぎ会ぽいw)

    2番目は、きちんと段取り組んでリハしてれば
    起きなかった問題だと思うんだけど…衣装の素材を変えるとかさ。
    2chでも言われてたけどお金がないっていうのは事実なのかしら?
    ちなみに衣装は鮮やかな緑の、西洋風で胸元がすこし開いたドレス。
    メイクは赤いリップ。黒髪とマッチしてて美しかった!

    お金がないからピアノオンリーの弾き語りだったとは思わなかったな。
    バンド演奏とかしちゃうと、鬼束さんがバンドに付いて行けなそうな感じだったw
    原曲よりスローテンポだったし。
    曲によっては噛んでしまったり、歌詞見てるのに歌詞を間違ったり。

    最後の方の紹介でピアノ演奏がプロデューサーの坂本さんだという事を知って
    なるほど、鬼束さんの歌に合わせるのが上手いわけだ、と妙に納得w



    とかボロクソ書いてるけど、、
    私個人としては本当に行って良かったと思えるライブだった!
    今まで行ったライブにはない、変な緊張感に溢れた雰囲気だった。
    東京公演も行きたいと思ったくらい。

    一番印象的だったのは、「月光は歌わない」って言ってたのに、
    月光のイントロ聴いた瞬間まさかの不意打ちでビックリした!
    思い出深い曲だし聴けると思ってなかったので、思わず涙が出てしまった。
    鬼束さんは、必死で歌ってたし、一番迫力あったなあ。
    最後の「どこにも居場所なんて無い」の後ハーハー息切れしてたけど、
    そこがまた良かったというか。

    everyhomeを生で聴けたのも感激だったなあ。
    復帰後初の歌だし。鬼束さんの心情を綺麗に表してるみたいで。

    一番最初がSweet〜だったのは意外だけど、
    明るく前向きな感じで、なんか未来を感じさせるから良いと思った。


    全体的に
    「おっCD音源と同じみたい!さすが!まだ全然大丈夫!」と思うとこもあれば
    「あー音はずしちゃってるよー」というとこもあって、非常に不安定だったけど。

    「New Age〜」はやっぱり浮いてたwwww
    これをかっこ良くピアノアレンジしちゃう坂本さんは天才だわと思ったw
    あともう少しだけ、鬼束さんがリスナーに歩み寄って
    手拍子を求めたりすれば盛り上がったんだろうけど、
    一人で歌ってて楽しそうにも見えたw

    「Beautiful fighter」は「忌々しいEMI時代の楽曲で」、
    (ここで私を含める観客が笑うと「なんで笑うの?」って言ってた。
     まだ大きい傷跡が残ってるのかな…)、「合唱の曲です」との紹介でww
    ギターが出て来て、鬼束さんの演奏てことで「えっ」て思ったけど
    ニコ生で聴いた時より格段に良くなってた!
    歌の途中に「もっと歌ってよ!」って言われてから
    私も声に出して歌ったけど、最後の最後でライブらしいライブぽいなって思えたw


    歌い終わってステージから退場して、ステージ袖に着いたと同時に
    待ち構えてたスタッフにタオルをかけてもらってるのがチラッと見えたんだが、
    久しぶりのツアーだし、ぜったい緊張してたと思う。


    色々あっただろうし、もう生で聴けないんだな、と思う事もあったから、
    本当にライブやってくれてありがとう!って思った。
    変わった変わったって言うけど、見た目こそ変わったかもしれないけど
    手を動かして音程とったりするのは変わってないし、
    声も変わってないし(上手い下手は別。某あゆとかと比べると全然)、
    昔の歌も歌ってくれたし、それで十分だと思った。

    世の中には色んな歌があるけど、私に限らず鬼束さんの歌を聴いて
    ようやく「なんか救われた」人って多いと思う。
    神的存在で、もはや宗教みたいだけどw
    宗教で政党が出来るんだから、音楽やっても良いじゃないか。


    でもCD売れないとライブって出来ないんだろうなあ…
    今回のライブでも、洋楽のカバー歌ってたけどカバー集とかどうかなあ。
    私なら買うんだけどな、まあファンだからw
    ニルヴァーナのsmells likeとか是非聴きたい。
    昔の曲のセルフカバーでも良いなあ。


    とにかく、要するに
    残念な点2つ挙げたけど、そんなのどうでも良くなるくらい
    行けて本当に良かったライブだった!

    どんな格好しててもどんなキャラでも良いから
    今の調子で、音楽の道にまた積極的に戻って来てくれるとすごく嬉しい!

    Mind Traveler

    今月某日、SuperflyのLiveに行ってきまんた。
    1人参戦だったけど、最高だった。
    1人の方が、自分の世界に入って聞けるからなんか良いかもしれない。


    両隣&隣の隣さんも(要するに私含め4人並んで)1人参戦だったみたいで
    なんだかオラ心強くなったぞ。
    もしかしたら隣の隣の隣も人も1人参戦だったとか? 1人参戦専用列みたいなwww
    偶然かもしれないけど、もし意図的な座席ならこの心配りは嬉しい。

    席は、座席のブロックの最前列だと前に書いたけど、勘違いだった(´・ω・`)
    でも割と前の方だったし、バッチリ肉眼で見えたからおk。


    以下備忘録的な意味も込めてレビュー。2chスレのセットリストを参考にw

    一番最初に「Mind Travel」的なムービーが流れてシホ様登場。
    (今回も様付けで呼んで行くけどすごく崇拝してるわけではないw)

    「Rollin' Days」を皮切りに3曲アッパー系が続く。
    2曲目のRescue meって曲は知らなかったな…初期のライブ定番曲だったとか。

    4曲目「Deep-sea Fish Orchestra」で
    雰囲気がガラリとかわり海底のミステリアスな感じに。
    次は海底から大地へと移動して、5曲目「Wildflower」。

    6,7曲目は甘いバラード。上手い。
    しんみりとした空気になったとこで、シホ様に促されるまま着席。

    シホ様、バンドメンバーの皆様も座ってアコースティック形式。
    8曲目「Morris」は好きな曲だったから嬉しくてちょっと涙が出た。
    その後「やさしい気持ちで」「Sunshine Sunshine」が続いて
    Sunshine〜で大合唱。大合唱しながらシホ様に促されて全員スタンドアップ。

    11曲目「Fly to the moon」で思った以上周りのお客がノっていて
    「Free planet」で盛り上がりが加速。
    「悪夢とロックンロール」(途中CDとは違うアレンジで面白いw)
    「Beep!!」「Alright!!」「タマレボ」で盛り上がりはMAX。

    会場に惜しまれつつ「Ah」で締め。

    その後アンコール。
    新曲「愛をくらえ」(「くらえ」で手を"パー"の形で前に出すw)は
    ダークサウンドで、ちょいスローめでヘヴィーなロックナンバー、だと思った。

    アンコール2曲目はやっぱり「愛こめ」。
    全国ツアーだからね、認知度上げた代表曲はマストでしょう。

    とこんな流れだった。

    会場も、初めての人が多かったみたいだけど
    それにしてはかなりの盛り上がりだったと思う。
    「いつも余裕でチケット取れるし(ファンクラブだけどさ)、
     客席埋まるのか〜?」とか思ってサーセンwww
    チケット、どこもSOLD OUTだもんね。

    3rdアルバムの曲で歌わなかったのは「Secret Garden」。
    結構好きなんだけどな。。サックスのソロがあるから断念?
    アリーナツアーとかでは聞けるのかも。

    全体的にCDと同じくらいのクオリティで、完成度が高い。
    歌詞も飛んだりしないし、ほんとすげーなと思った。
    「Ah」の時なんかキーボードのサニーさん(だっけ?)のミスが目立って
    あちゃ〜と思ったさ。シンプル&荘厳な曲だから尚更目立ってたというか。
    まあそれもライブならではなんだけど、、、一応最後の曲だし、惜しい!w


    あとちょっと愚痴。
    歌い終わった後に「カッコいい〜」という声援は分かるんだけど、
    「かわい〜」と言う女子はどうかと思った。
    なんでもかんでも良いと思って「可愛い」と形容するのどうかと思う。
    10代なら許すけど、同い年かちょい上くらいの人がさ…。
    なんか違わねえか?と思った、まあ良いけどさ。



    グッズも買って来た!
    ツアーパンフとストラップ。どちらもかなり出来が良いと思う。
    あと4500円以上お買い上げで貰えるバッグもGET。
    ストラップの横の小さいグリュック君(フクロウ)はシングル「あぁ」の特典。
    どっちも携帯につけてるのだ。カラフルで可愛い。

     


    ライブ終了後は、アンケート書いて、被災地への寄せ書きも書いて、
    (1人だからちょっと恥ずかしかったけど)家路へつきまんた。



    (ついでに、抽選のハガキに書いたイラスト)

    圧倒的な歌唱力

    ハトよめ新刊まだかなあ〜と思って
    (最新刊が今年の1月だったから、早くて多分来年だ…)
    wikipediaで調べてたらなななんと!アニメ化しているとのこと!

    こりゃ見てみないと!と思って早速ようつべで検索。

    日テレの深夜のオムニバス形式のアニメ番組のコーナーの一つとして作られた、
    アニメというよりも、ミュージッククリップ。
    アニメとアニメの間の息抜き的な感じ?

    ニコ動で1話だけ見れた。
    「ユルアニ?」というタイトルの番組だけあって
    ユルいアニメばっかりで、そういうの嫌いじゃないけど、
    あんまり面白くなかったwww


    話を戻してハトよめのミュージッククリップ!

    「お嫁においで」、「瀬戸の花嫁」(どちらもカバー曲)、
    「HEART -鳩とお嫁さん-」(オリジナル曲)
    と今まで3曲作られてるみたいで、歌ってるのはオードリーの若林氏!

    とりあえず一番好きな「お嫁においで」をペタリ。



    原曲(若大将こと加山雄三さんの曲!)を知ってる人ならわかる。
    どうだこの歌唱力。

    私は恥ずかしながら原曲を知らなかった、
    むしろオリジナル曲だと思ってたのでw
    最初聞いた時は「なんか妙にズレてるな…」くらいにしか思わなかった。

    そしてカバー曲だと知ったあと原曲を聞いてみたら・・・
    「なにこれ全然違うwwwwwwww」

    若林バージョンをもう一度聞いてみる・・・
    「これはひどいwww」
    要するに若林氏は音痴だったのだ。
    あまりにひどくて、ちょっと凹んだ時とか聞いたら笑えそうww


    ちなみに原曲はこうだ。



    この軽快で陽気なメロディーを、若林氏は見事にぶちこわしてますわ。

    でも若林バージョンも割と陽気ではあると思うw
    8bitなサウンドが良いのかもしれない。チープなサウンドだから(良い意味で)、
    ヘタウマなハトよめのイラストともマッチしてるのかも。


    「瀬戸の花嫁」も秀逸だった。
    作曲者さんの許可が下りてコンピCDに収録されるそうなwww
    作曲者さんからOKもらえれれば良いんだ…www
    私は「お嫁においで」のが好きだけどなっ!

    「HEART」はオリジナルだから音痴さが良くわからなかったw

    これからは是非カバーで、
    ハト(ハート)関連か、お嫁関連の楽曲を歌っていって欲しい!!ww


    オードリーって春日のキャラが苦手だったから
    あんまり好きじゃなかったけど、この件で若林が少し好きになった!w


    あとなんとなくハトよめにはアニメ化して欲しくないなと思ってたんだけど
    (なんか実際喋ってるのが想像出来ないのと、アニメ化で独特の毒っぽさが消えそう)
    こういう感じなら面白いなーと思ったさ。
    ブッコちゃんの絵文字を作ってみたw ブッコ〜

    ワッショイ

    Superflyのチケット届いてたー!

    支払いちゃんとしてた私GJだわ。記憶にないわ…(( ゚Д゚;;)))

    気になっていた座席は、割と前の方で肉眼でも見えそう。
    しかもブロックの最前列っぽいから見やすそう!
    これは楽しみすぎる…ぐへへ。

    3rdのアルバム曲(シングルとかの既発のじゃない曲)で
    好きな曲は"Rollin' Days"と"Morris"と"Ah"かな。

    どっちかっていうとベタな曲が好き。
    "Deep-sea Fish Orchestra"とかは
    ゲーム音楽みたい…むしろ、キングボンビーが登場した時の曲みたい(特に間奏の部分が)!
    と思った自分が嫌になったww

    Rollin' Daysはドラマのタイアップ曲だな。
    ドラマは見てなかったからタイアップ抜きにして良い曲だと思う。
    サビの突き抜けたような高揚感が良い!

    Morrisはアコースティックなサウンドで、なんかカントリーぽい?感じが好きだ。
    父の日に着モーション?が無料配信されてたのを後から知り、しくじった!と思った。

    Ahは賛美歌みたいな感じが好き。
    シングルの「あぁ」も買っちゃったしw
    Ahの歌詞付きバージョン。どんななのかな。
    まだ聞いてない(というか開けてないw)から聞かなくては!
    FoZZtoneのアルバムもまだ開けてないよー。

    なんか暑くてiTunesに入れるのがダルいのよね。


    シングル曲Beep!!、タマレボ、Free planetのアッパーな曲はさすが。
    Dancing on the fire入れて欲しかったかなあ…


    とにかく楽しみー!1人参戦でもめげないもん!
    よーし暑いけど寝なきゃ!

    IRIS

    前の記事にもちょっと書いたけど、
    あまりにも良かったので鬼束さんのCD買ってきた。



    あえて裏面でw
    商品を手に取って裏返してみたら、裏があまりにも普通だったからビックリしたww
    てか美しいじゃないか!


    もう既に全体を通して何回か聞いてるけど
    「IRIS」と「僕を忘れないで」が特に好き。
    「IRIS」のイントロは、this armor収録の「ROLLIN'」とちょっと似ているw
    ギターを中心としたサウンドの感じも似てるね。でもこの感じ好きだわー。


    「僕を忘れないで」は3拍子の曲で、
    外国の童謡ぽいというか、異国的というかなんというか。
    でも鬼束さんらしさがすごく出てるというか。
    「everyhome」を初めて聞いたときも泣きそうになったけど、
    これも最初聞いたときなんか泣きそうになった。
    「青い鳥」「An Fhideag Airgid」「SUNNY ROSE」も異国情緒漂う。
    「An Fhideag Airgid」は何語?と思ったけどスコットランドかどっかの民謡らしい。


    「EVER AFTER」とかは久しぶりの爽やか路線の曲。良いね良いね。
    「罪の向こう 銀の扉」「琥珀の雪」はまさに王道的な感じ。
    「NEW AGE STRANGER」は前も書いたけどエレクトロ。


    でも個人的にはやっぱりシンプルなサウンド構成の曲のほうが好き。
    だから前の2枚(LAS VEGASとDOROTHY)はあんまり聞かなかったのかも。

    とにかく、久しぶりに何回も聞きたいって思えたアルバム。

    オフィシャルサイトにファンレター受け付けしてるって書いてたけど
    出そうかなwww

    everyhomeで復帰するという話題が出る前に、
    更新停止してたオフィシャルサイトからメッセージを投稿したのを思い出した。
    また鬼束さんの歌が聴きたい、ずっと待ってます的な内容で。
    あれは本人の元に届いたのかな…うーむ。

    剣と楓

    鬼束さんの新譜が良い。

    先行シングルの「青い鳥」も良いと思ってたんだ。
    ただあれはカップリングが迷走してると思った。

    そんでこのアルバムジャケをみて
    地方営業してる演歌歌手かおww(今そういう人いるのかな?)
    今どきの演歌歌手はもっとクオリティ高いおww
    ああもう完全に迷走なんだな、、、と思っていた。
    あと普段のファッションがサイケデリックだし、タトゥーしてたし。


    が、実際聞いてみたらどうだ。

    原点回帰と称されているけどけど本当にそう思う。
    サウンドが、初期っぽいものが多いのかな。とくに最初の方。
    「あんた達が待ってた感じのやつ作ったわよ!」と言わんばかりの。

    この「サムネバイバイ」ならぬ「ジャケバイバイ」。もったいなすぎる…
    でもこれが鬼束さんの、ささやかな抵抗なのかもしれない。
    抵抗というか、ここでふるいにかけてる感じなのかも。

    で、青い鳥のカップリングの曲も入ってるんだが (8.NEW AGE STRANGER)
    アレンジが全然違って結構良い。まさかのエレクトロ。
    シングルの方がバージョン違いで、アルバム収録の方がオリジナルぽい。
    まとまりとしてはやっぱり浮いてるけどw テクノポリス!ってw

    まあ、原点に"逆戻り"ではなく"進化"と捉えればおk。


    ていうか買おうかな。やっぱり私、鬼束さんの声が好きだわ。
    初期好きな人は絶対買って損ないと思う。



    2011.4.28 追記
    アルバム買ったのでその記事にリンク

    グッバイララバイ

    アマゾンでは評価わりと良いけど、個人的には「うーん」って感じだ…
    あと2chのスレでも、サラっと目を通した限り悪い評価がほとんどないように見えた。

    アルバム全体の雰囲気は、1stの感じと似ている。
    この感じは嫌いじゃない。うん。むしろ1st好きなので嬉しい。

    ただ、ただね。
    多分なんだけど、コード進行に黄金進行が多い気がする。
    (まーた黄金進行特定かwって言われても仕方ないww)
    曲の半分くらいが黄金進行に聴こえてしまうんだけど…

    私の耳がヤバいのかもしれない。
    とりあえず店で何周も聞いてるんだけどwもっとじっくり聴かねば。

    先行の「ワットザヘル」と「アリス」、曲の雰囲気は対称的だけど
    普通に良いなーと思って期待していただけにちょっとだけガッカリ。
    ボートラ目当てで初回を買ったんだが
    最後の「Bad reputation」は、グリーンデイみたいだ。パンク!
    グリーンデイよく知らないけど、アブリルがライブでカバーした音源を聞いた事がある。
    これはこれで好きw


    本場の反応が気になったので、アメリカとカナダ(アブリルの出身国)の
    アマゾンを見てみると…来週発売なのね。あらら。


    曲数はもうちょい少なくても良いから(バージョン違いを除いて16曲)
    もっと心に残る曲が欲しかった…
    といったところかなあ。とか偉そうに言ってみる。

    フラッシュワープ

    前にも書いた、FoZZtoneのアルバムGET



    早速iTunesに入れた。
    私はいつも、ジャケをネットで拾ってきてiTunesに入れてるんだけども
    このアルバムのジャケを画像でググって下の方にスクロールしていくと
    なぜか私のブログの画像も出て来た…OTL

    しかも関係ないアイメイクの画像・・・や〜め〜て〜〜〜

    しかもいつもサイズは500pxくらいのを選んでるんだけど、
    大きな画像がなかった。どうしよう。


    とりま何回か聞いてみた。
    1曲目の「フラッシュワープ」は「カントリークラブ」にも入ってるやつだ。
    ただカントリークラブ収録の方は、前の曲と繋がっているので、前奏がちょっと違う。

    まだ1曲1曲しっかり聞いてないのでなんとも言えないけど
    インディー時代の作品なのに、最新作(オーダーメイドアルバム)と
    同じくらいのクオリティに聴こえる件について。
    「へ〜、初期の頃ってこんな感じだったんだ!」感が全くないwww

    聴く人が聴けば「全然違うじゃん」ってなるかもしんないけど
    私は普通に聴けた。それがスゴいとも思った。


    最近ずっとオーダーメイドアルバムばっかり聴いてるけど今度はこれだね。
    あと「景色の都市」もあんまり聴いてないから聴こうかね。