s m t w t f s
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

recently

categories

  • archives
  • comments

    links

    profile

  • others


  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    ↑地味にランキング参加中↑
    良ければクリックお願いします.


    スポンサーサイト

    - - -

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    日常

    「日常」っていうタイトルのアニメ、
    何気なく見てたら面白かったw

    店にポップがあって、
    作品の名前とキャラの雰囲気とかは知ってたんだけど
    ドラマCDとかも出してるあたりから
    「ヲタク向けだな」と勝手に思ってた。いや、そうなのかもしれないけど。

    そんな印象もあって期待も何もなく見たら、
    なにこのシュールさ。面白い。


    さっそく原作チェックしに本屋へ行くと、
    専用の什器(紙製ぽかったけど)があるではないか。
    ちょうど6巻入るやつ。
    しかし。なぜか1巻と2巻のとこだけない・・・人気なのか!?

    諦めきれず今度はブックスブクオ(ブックオフ)へ。
    そしたら、1巻だけあったー!!
    その横何冊かぶんだけ開いてたから2巻以降も実はあったのかも。

    「はかせ」と「なの」ちゃんが好きだな!

    あと絵のテイストも割と好き。デフォルメされた感じの。
    ケロロとか、マイナーなとこだとびんちょうタンの漫画、1巻だけ持ってるw



    久々にブリンギーで遊んでみた。

    妻・シェリーメイちゃんwithちびっ子。


    のけ者にされてすねた旦那・ダッフィー、的なw



    ミッキーもドナルドも、彼女の尻にしかれてるイメージ。
    特にドナルドはwww
    デイジーが毛皮のコートが欲しいっていうからクマ狩りに行ったりw


    話を戻して、「日常」について。
    確か「綺麗なジャガーさん」とアマゾンの評価であったけど、ほんとにそんな感じ。

    大げさなリアクション、ツッコミは
    (「えぇーーーーーー!?!?」とか「おーーーーーーいっ!!!」とか)
    うすた京介さん発祥なのか?w 元祖シュール。もきゅー

    アニメでみたキャラは1巻にはまだ出て来なかったので
    次巻以降も気になるところ。

    あとDMCが中盤グダってきたなあと感じつつも
    8巻くらいまで買ってそこからストップしてるので
    中古で最後の10巻まで揃えたい。。

    くりーくん

    "ハトよめ"作者、ハグキ氏のまさかの新作。

    い、いつのまにーーーー!!

    すごーい!
    ス☆ゴーイ!(くりーくんの世界観を尊重した言い方)

    早速買ったさ。

    今週末サイン会あるらしいわね…しかも東京で!
    全国でやればいいのに…



    買う前にアマゾンで評価を見てみたら
    ハトよめをマイルドにした感じということで
    「えー ハトよめから毒要素抜いちゃったら、面白みがなくなるんじゃ…」
    とか思ったけど心配無用だった。

    ハグキ氏の漫画にある、テンポとか言い回しのセンスが面白いんだと思う。
    毒なくても笑えたしw

    ハトよめキャラも登場しててファンには嬉しい。
    くりーくんに出てくるパリゴって、
    ハトよめのパリコレ(またの名を"酷フォルム"ともw)と同一人物かしら

    あとハトよめも登場したけど、ダンナがパン屋の設定だった。
    ブッコちゃんが印刷された「パン屋ハト」の袋に入ったパンも登場したりして。

    「いやぁ〜っ  実はウチ 共働きなんですよ」
    初対面のくりーくんに対してこの台詞、まさにハトよめらしいけどねw



    関係ないけど、前レンタルしてきたQ;indiviのアルバムがお気に入り

    どれも聴いた事あるクラシックの名曲で、癒しの1枚。

    私もここ数年で知った言葉なんだがクラシックとポピュラーを
    あわせた音楽のことを「クラシカルクロスオーバー」と言うらしい。
    このアルバムも、少しエレクトロ&ダンス系ではあるけども、
    クラシカルクロスオーバーのひとつと言えましょう。

    「タイムセイグッバイ」が売れたのが、クラシカルクロスオーバーの
    ブームのきっかけだったとかで。

    最近だと平原綾香さんのクラシックカバーアルバムの第2弾。
    そういやjupiterもそうだねー。
    あと平原さんともコラボした、藤澤ノリマサさんなんかも、
    オペラとポップスで、新感覚のクラシカルクロスオーバーとして注目されてる。

    クラシックは長きにわたって廃れる事なく聴かれる音楽だけあって、
    メロディとかが人の心にしっかり響くんだろうなあ。
    だから他の音楽とも融合しやすいんだと思うけど。

    何百年も前のクラシックの作曲家たちは、
    自分たちの音楽がこんな風にアレンジされるなんて思ってもみなかっただろうなw

     
    Q;INDIVI (STARRING RIN OIKAWA) / CELEBRATION E.P. (12&quot;)
     


    ↑↑↑

    雑談力をあげるべく、アマゾンで評価が高かったこちらの本を購入。

    最近買ったクッションと一緒に。気の抜けた顔が気に入った!
    だいぶ前に京都行ったときに見かけて気になってたんだが
    最近近くの雑貨屋にもようやくw入荷したのでお買い上げ(´ω`*)


    パラパラと読んでみたけど…自分に置き換えて考えると難しいものもある。

    例えば「出身・地元トーク」は誰とでも出来るから良い的な事書いてたけど、
    自分は中学不登校してたし、なんとか入った高校も特殊(単位制というか)。

    同じ学校出身の人は親近感が涌く? ・・・私にとっては大きな地雷でしかないww

    そして地元トーク。ヒッキーは外へ出ないから周辺に詳しくないww


    すごく・・・一般人向けな本ですね・・・OTL

    まあこんなもんか。頷けたり学べる部分もあったし。


    居心地の環境を作るためには、それなりの努力しないと。
    その努力が実って身に付けば良いんだけどねー。

    頑張れわたし

    今日21日発売、9mmの3rdフルアルバムRevolutinary
    前にも書いたやさぐれぱんだのシリーズ第3弾。

    偶然にも両方3作目



    9mmはまだ聴いてない
    ジャケット今までとはまた違ったテイストで良い感じ。雰囲気洋楽っぽい。


    やさぐれぱんだは、コミック版・文庫版で迷ってたけど結局文庫版にした。
    文庫版のが安いし、コンパクトだし(・ω・)b

    前作は長編だったけど、これは雑誌に掲載されてた分で、いつもの4コマ
    サクサク進んであっという間に読める

    そういや本作には、"ナマズ先生"出て来なかったなあ。結構好きなのに。


    作者である山賊さんが、ス/ト/レ/イ/テ/ナ/ーの中/山氏説もあるそうだけど
    なんか違うような気もするんだよねー

    でも、今wikiで調べたら、プレデターズのドラム「多忙のため脱退」
    と書いてあるのをみるとやっぱり濃厚な気もする・・・

    で色々ググったらやっぱり絶対そうだ!
    msnのニュースの記事になっとるww

    【WEB人】漫画家 山賊さん 「漫画ではなく落書きです」

    速攻で画像保存させて頂きましたwww
    でもすごいなー
    バンドも成功してるし、おそらくは片手間で始めた漫画も成功してるし。
    やりたい事があって、
    それをきちんと出来るからきっと器用な人なんだろうな。羨ましい。
    というか、見た目もだけどw中/山さんカッコいいぜ



    携帯のきせかえとかも持ってるくらい、実は好きみたい。
    登録してたきせかえのサイトにたまたまあったからダウンロードしたんだけどね。

    違うのにしてたけど、今日またぱんだのきせかえにしたw



    シンプルでポップな感じがお気に入りアニメーションもかわいい
    この画面撮るために、前の携帯出してきて撮った自分乙www

    ぱんだかわいいよぱんだ

    やさぱん

    「やさぐれぱんだ」(←絵文字作ってみたww)のことを
    勝手に「やさぱん」と呼んでる自分がいる。


    今日本屋の前を通りかかったら「やさぐれぱんだ」のコミックスががが!!!!

    3月31日発売・・・あら新刊?しかもコミックスサイズ?
    早速買おう・・・と手に取ったら

    本の帯に「注意!」の文字が。
    よく読めば文庫版「やさぐれぱんだ3」と同内容だそうで。


    あれ3って持ってなかったっけ?
    持ってたかも?
    とりあえず保留で・・・


    で家帰って確かめたら持ってなかった・・・( ゚Д゚)ポカーン


    このやさぱん、小学館で文庫版を出す前に、
    アーティストハウスってところからコミックスのサイズで3巻まで出してたんだけど。
    その会社がつぶれたか何かの事情で絶版になって、
    その3巻分を、文庫で2巻にまとめて出したんだったはず、確か。

    自分は、そのアーティストハウスから出された3巻を持ってたという罠。


    文庫版の3巻は今年3月の初めに出されたみたいで、全然知らなかった
    コミックスコーナーはいつも通るから、気付いたんだけど、
    文庫版だと小説コーナーだから、滅多に通らないんだよなww


    内容同じだから、文庫版とコミックス版どっちを買っても良いのかー。
    ちなみに下記に掲載(not アフィリエイト)。
    どうせなら発売日新しいコミックス版の買いたいけど

    文庫コミックス になるって普通、逆よねw


    場所もとるし、文庫版のにしようかなー



    ハトよめ8巻

    待望のハトよめ8巻。面白かったw
    ちょっと周りのキャラが濃くなって来て、ハトよめが押され気味だけどw
    相変わらずの「うるせえ」は健在だった。

    ブッコちゃんの出番がもうちょっと欲しいな。
    あと1年以上空いてたから、ネタがちょっとだけ古いww
    「サブプライムローン」とか・・・

    昔サイン会とかあったみたいで。行ってみたい!!!
    ハグキのサインが欲しいわ! 近くに来たら絶対行くのに。。。


    8巻で印象的な台詞は

    「このチロリストがッ」
    と、

    「すごいカニね」

    に決定。

    かわいーん



    ニャ夢ウェイ。→1巻の時の記事
    25日発売だけど24日にフラゲ出来た。
    予約しといてよかったw
    嬉々として買ってきましたよイヴに!
    これをイエス・キリストに捧げよう!

    やっぱだめ!



    個人的に大好きなハンマー投げの回も、無事も載ってた
    わりと巻末のほうにあったから、無いのかと焦った

    ごく最近までのものをコミックス化にしてるのかと思ったら
    2008年の末までのもので、今年の分はおあずけっぽい。

    最初の方に1の告知の回があるしw
    そこらへんはやっぱ雑誌の連載といった感じ。


    しかし本当に音楽雑誌とは思えない内容だw
    しかも完全なる猫漫画ではないっていう。
    「オロチかわいーん」は根底にあるけども。

    どうでも良いような日常と(それが面白かったりするんだけど)、
    オロチをメインとした猫が交差する、
    カエラちゃんの言葉を借りると「まさに異常」なおもしろさ!
    それそれ!


    今度東京に遊びに行ったら
    猫カフェいきたいねー、と友達と計画中。





    あ今日はクリスマスだったね。一人だったけど悪いかコラッ

    でも、前書いてた通り
    友達と3時前までスカイプしてたけどね。




    スーパーフライからのカード届かないなあと思ってたら
    もう届いてて放置してあったwwwww

    まあイヴに見れたから良いや。


    イヴの日のバイトは、
    商品のラッピングが多くて「下手ですんません」と思いながら
    最善をつくしますた。

    キャラメル包みしかできない…
    新聞の広告とかで練習してみよ…

    もっと前から練習しとけばよかったお…(´;ω;`)


    CDやDVDだから、きっと子供の枕元に置くような
    プレゼントじゃないだろう、という事を信じてる…!

    どうか私のラッピングが、どこかの子供の夢を壊してませんように
    と願うばかり。

    来年ももしここでバイトしてたらもっと前に練習するお。


    12.29追記
    途中の「猫が交差する」で、いきなり話がぶっとんでたから修正w

    ゴールド


    行ってきたー。

    思うけど、車の免許って写真が結構肝心。
    この写真が5年続くわけだしw

    前回よりかは上手く出来た気がするけど
    思うようにいかない

    セルフで出来る証明写真みたいに
    やりなおしとか出来れば良いけど、

    はい座って〜 パシャ
    はい座って〜 パシャ

    完全なる流れ作業だかんね

    アゴ引くので精一杯www


    まあいっか。
    上手く撮れる人の方が少ないかもねー。



    最近漫画ばっか読んでるような。
    注文した「ぼのぼの6〜10巻セット」と
    結局買った「谷底ライオン」。

    谷底ライオンは個人的に好きじゃなかったな
    シュールなギャグ漫画だとは予測してたけど、ちょっと下品すぎた。
    ハトよめのような可愛さがあれば好きだったんだけど。

    そういえば、「ハトよめ」8巻はまだかしら。
    「ニャ夢ウェイ」も楽しみだにゃー

    「ぼのぼの」は読むと寝オチしてしまうからw
    スローペースで消化中。
    何回も繰り返して読みたい。1〜5巻は2周したw

    動物の漫画ばっかだなww

    谷底

    中川 いさみ
    ¥ 1,050
    (2009-11-25)

    今日は朝からバイトでいつも寝てる時間に
    働いたからなんか疲れた。

    だから今日は早く寝よ。

    しかし朝も早うから、お客さんは来るねえ〜
    まあ私のものさしが狂ってるだけだけどな。


    話はとんで
    「谷底ライオン」という漫画を本屋で
    見つけて少し気になった。面白いのかなー。

    「中川いさみ」さんという人が作者。
    「ぼのぼの」と同時期に放送していた、
    「くまのプー太郎」の作者でもあるらしい・・・
    記憶をたぐり寄せると微かによみがえる。

    ギャグっぽい感じだったような…


    ライオン好きとして、キャラは惹かれるんだけどなー

    小学生が好きそうなギャグ色が強すぎると嫌だなあ。
    「銀魂」も面白いと聞いて1・2巻と買ったけど
    まるっきり面白くなかったし…
    なんであんなに人気なのかわからんぞぉぉお

    アマゾンとか見てもレビュー載ってない(´・ω・`)
    お布施と思って、買ってみるかねー

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    ぼのぼの

    アニメぼのぼのが面白くて、
    中古で漫画を買ったらそれも面白くて、
    文庫版が出てると知ったので早速購入。

    もちろん中古でwww



    ブックオフオンラインで買ったんだが、
    後々ライブドアのショップみたら
    1〜5巻のボックスセットの中古在庫ありで、
    しかも少し安かった…OTL

    6〜10巻も買うぜー。


    子ラッコ・ぼのぼのの、ぬぼーっとしてるけど
    色々ゆっくりと考えをめぐらすキャラクターが可愛い。

    それを取り巻く、
    いぢめられっこのシマリスくんと、
    いぢめっこのアライグマくん。(声優はしんちゃんのひろし。ww)


    個人的に好きなのは、
    スパイス的存在のスナドリネコさん。
    ぼのぼの達には優しいけど、
    どこか孤独と哀愁の匂いがするとこがまた良い。
    「ウンウン」って言うのが口癖ww

    あとニコ動で人気らしいのは「しまっちゃうおじさん」。
    ぼのぼのの空想上の生き物で、悪い子を見つけると
    「どんどんしまっちゃおうねー」と良いながら
    洞窟の小さな小さな小部屋に押し込められるというキャラ。

    しまっちゃうおじさんのMADとかあって見たけど、
    MADって何が面白いのあれ個人的にはちょっと耳障り…

    しまっちゃうおじさんは好きだけどw


    あとはニコニコしながらいつもウンチしてる
    クズリくんや、フェネックギツネのフェネギーちゃんなど
    バラエティに富んだキャラクターが登場。

    ただただ癒しというだけではなく、
    哲学を感じるメッセージが含まれていたりするので
    キャラクターは子供向けかもしれないけど、内容は大人向け。


    しかし、よくこんなキャラ思いつくよなー。。。
    ぼのぼのが想像しそうなキャラを、考えつくんだからなあ。
    いがらしみきおさん、すごい。


    JUGEMテーマ:漫画/アニメ