s m t w t f s
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

recently

categories

  • archives
  • comments

    links

    profile

  • others


  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    ↑地味にランキング参加中↑
    良ければクリックお願いします.


    スポンサーサイト

    - - -

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    自虐の詩

    映画公開前に、一度オフィシャルサイトを見て、
    ちゃぶ台返しのflashゲームがあって、それをやって(なかなか点数とれない)…
    それっきりだったけども。

    あらすじ読んで面白そうだったから、ツタヤで借りてきてみた。
    笑い要素はもちろんあったけど、シリアスな部分あり、涙あり。


    中谷美紀の演技がすごく上手かった。
    美人さんなイメージがあるから、
    こんな貧乏臭い役想像付かない…と思ってたけど、
    それは余計な心配、むしろそんな心配迷惑、くらいすごかった。

    阿部さんは、ところどころ、役以上にかっこよさが目立ち、
    回想シーンでのマトリックスみたいな格好が笑えて、
    それってどうなの?と思ったけど、まあ好きだし、カッコいいから良いや。

    ミスターちんとか、昔ワイドショーでよく見てたーーー!懐かしー
    松尾スズキもなにげに出てたし。個人的にツボだったw


    幸恵の唯一の友達、熊本さんとの、再会シーンは泣けた。
    あと、幸恵が意識を失ってた時の回想シーン。
    そこで色々幸恵のバックグラウンドが明らかになっていって、
    イサオとの意外な出会いにビビった。
    最初に好きになったのはイサオの方!!


    テンポ良く進んで、あっという間の映画だった。
    根本的には、超どん底な生活が舞台だけど、
    そこにちゃんと愛があるからかな、すごく心温まる作品だった。
    何回も泣いた。
    人が死んだりする映画だと、必ず泣いてしまう自分がいて、
    こんなん泣くの当たり前じゃん!と不本意になるけど、
    こういう映画で泣くのは悪くない(´ω`)

    DVDのはじめに入ってるCMで
    「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が面白そうだった。
    サトエリが主演か。
    舞台で見た時はめちゃめちゃ細くて、足が長かったのを覚えてる!
    今度借りてこよー!!(*´ω`*)


    JUGEMテーマ:映画

    スポンサーサイト

    - - -

    comment








       
    Trackback URL
    Trackback